MENU

エクオールとイソフラボンの関係

エクオールというのは最近更年期障害などの治療で話題の成分です。
エクオールは、大豆イソフラボンが腸内に入って腸内のエクオール産生菌で作られる成分です。
なので、イソフラボンが親でエクオールは子供のような関係になります。

 

いままで、更年期障害などで言われてきたのがイソフラボンをたくさん摂取すると更年期に効果的だということ。
実はこれが、半分が嘘だったということが最近になって分かってきたのです。

 

この半分が嘘という理由は、エクオールは大豆イソフラボンから作られるのですが、
日本人女性の2分の1、つまり半分の人はいくら大豆イソブラボンを摂取しても腸内にエクオール産生菌がいないため、
更年期の症状を緩和するエクオールが作れないということが判明したのです。
なので、そういう人はイソフラボンで更年期障害の症状緩和は期待できません。

 

つまり、エクオールという物質になってはじめてエストロゲンと同様の効果が見られるので、
イソフラボンのままでは、栄養にはなっても更年期の緩和には関与しないからです。

 

そこで、お勧めしたいのがエクオールサプリです。
これは、腸内でエクオールを作れない人でもこれさえ飲めば直接エクオールを体内に取り込めるので
非常に効率的なサプリメントです。

 

現在、大塚製薬ののエクエルとAMCのエクオール+ラクトビオン酸の2種類が商品化されています。
中でも、AMCのエクオールサプリは、日本でエクオール研究の第一人者である医学博士が開発に参加した
所謂、お墨付きの商品なので実際に人気があるようです。

エクオールとエストロゲンについて

さて、ここではエクオールとエストロゲンについてのお話をします。
まず、更年期障害の原因はエストロゲンの不足で40代の後半になると閉経を前にして、
女性ホルモンであるエストロゲンが除々に減ってきてそれが身体にいろいろな症状をもたらします。

 

ホットフラッシュ

更年期障害で一番辛いと言われているのがこのホットフラッシュ。
普通に生活していても、汗が止まらなくなったり、顔が熱くのぼせたり、ほてったり、イライラ、落ち込み、倦怠感などという
症状が起きてきます。

 

自律神経失調症

ホルモンバランスがくずれると精神的にもいろいろな症状がでてきます。
焦燥感、不安感、イライラ、うつ的症状、倦怠感、だるさ、やる気が起きない
などの症状がでます。

 

それ以外にも抜け毛、肌荒れなど更年期が原因とは思えないような症状も起きてくるようです。

 

では、これらの症状を治すにはもっとも単純で分かりやすいのがHRTホルモン補充療法です。
つまり、不足したエストロゲンを注射や点滴で補充して血液の中に投入する方法です。
現在、更年期障害の治療としてもっとも行なわれているのがこの方法です。行うのは婦人科などの医療機関です。
ただ、デメリットもあります。病院にかかる時間とお金がかかる、近所にホルモン補充療法をしている病院がない。
ホルモン補充療法で乳がんなどのがんになるリスクが上がるなどです。怖いですよね。

 

その他には、女性ホルモン同様の働きをするエクオールサプリを飲むことで更年期の症状を緩和することもできます。
このエクオールは、実際にはエストロゲンとは違う物質なのですが、体内に入ると女性ホルモン同様の作用をします。
つまり、エクオールを飲むことによっても、ホットフラッシュや自律神経失調症などが緩和される可能性が高いのです。

 

それぞれに、メリット・デメリットがありますので、よく考えて自分に合った方法を洗濯してみてください。

更新履歴